九州創価学会(そうかがっかい 名誉会長-池田大作)公式サイト

トップページ > 平和・文化・教育 > 長崎平和運動 ■サイトマップ ■ご利用規約
九州創価学会(そうかがっかい 名誉会長-池田大作)公式サイト九州創価学会のトピックス九州創価学会の平和文化教育九州創価学会の会館案内九州創価学会の報道記事九州創価学会関連リンク
創価学会 長崎平和運動
平和長崎平和運動長崎平和史反戦出版被爆体験文化展示案内教育教育相談室

               ≪長崎、広島、沖縄の青年が集い、毎年夏に開かれる「3県平和連絡協議会」≫
長崎平和運動

 アジアそして世界への平和発信基地・九州――。
なかでも被爆地・長崎の同志は「ピース・フロム・ナガサキ」(平和は長崎から)を合言葉に「人類は二度と
過ちを繰り返すな」との核廃絶の叫びとともに、永劫の平和創出の原点の地を自認する活動を30年にわた
って継続してきた。

 その至極の原点は、1957年(昭和32年)9月8日、戸田城聖創価学会第2代会長が発表した「原水爆禁
止宣言」にある。さらに池田名誉会長が58年(同33年)11月15日、この平和原点の地に第一歩を印した時、
「被爆の大地に真の平和の楽土を!」と、長崎が進むべき使命を示したことに始まる。

 最も不幸に泣いた人こそ、最も幸福になりゆく権利がある。原爆投下という人類史の悲劇が刻まれた
天地だからこそ、どこよりも平和を叫び、平和のために行動しゆく責務がある。慟哭(どうこく)の史実を
過去の出来事で終わらせてはならない。

  地獄の業火に焼かれ、散っていった万余の同朋の叫びを、悠久の不戦への大合唱へと転じてゆこう。
そうした深い、熱い思いから、長崎の平和運動は着実に続けられてきた。

 なかでも戦争を体験していない世代が中心となった青年部の平和運動は今なお社会に光彩を放って
いる。1973年(昭和48年)に始まった「原水爆禁止長崎集会」を皮切りとした平和集会、さらに核兵器廃絶
や世界の難民救援を呼び掛ける街頭署名・募金活動、被爆証言集は5冊を数え、戦争や核兵器の悪に
鋭く迫る各種の展示会等、その活動は多岐に渡っている。

 近年では、「アンネ・フランクとホロコースト展」(95年)や「ライナス・ポーリングと20世紀展」(02年)の
諸展示が多数の市民の共感を広げている。また88年から連続して開催する「ピース・フォーラム」では、
平和のために青年として何ができるかを考え、行動を起こす「ピースワーカー」(行動者)の育成を目指し、
息の長い取り組みを続けている。

 さらに2000年から始まったNGOの「核兵器廃絶――地球市民集会ナガサキ」にも参画しており、世界の
平和を志向するメンバーとの連帯を目指す。毎回、自主企画での展示や平和意識調査活動などを行って
おり、反響は大きい。


 Copyright (C) 2005 Soka Gakkai (JAPAN). All Rights Reserved.